住吉神社 佃島の起源と関わるパワースポット

大阪の佃にある住吉の社(現在の田蓑神社)から勧請された神社。

家康公が関東へいくときに、摂津国佃の漁夫33人と住吉の社の神職がともに江戸へ下り、鉄砲洲向かいの干潟を幕府より賜り築島をした。

故郷の名前をとって佃島とし、その地に社殿を構えたのが住吉神社の始まり。

住吉神社の御祭神

  • 底筒男命
  • 中筒男命
  • 表筒男命

相殿神

  • 息長足姫命(神功皇后)
  • 東照御親命(徳川家光公)

 

住吉神社のご利益

  • 海上安全
  • 渡航安全

住吉神社の見どころ・パワースポット

龍神社

病気平癒・開運出世・商売繁盛・諸芸上達

入船稲荷神社

五穀豊穣・産業発展

船魂神社

船体安全・大漁満足・航海安全

疱瘡神社・疫神社

麻疹(流行病・疫病)退散

古川神社

水辺の守護

住吉神社の御朱印

下町八社福参りの御朱印

アクセス・地図

所在地

東京都中央区佃1丁目1−14

時間

8時~16時30分

最寄り駅

地下鉄有楽町線・大江戸線「月島駅」

駐車場

なし

HP

https://www.sumiyoshijinja.or.jp/index.html

 

関連記事

  1. 笠間稲荷神社東京別社 日本三大稲荷の東京分社

  2. 福徳神社 宝くじのパワースポット

  3. 茶ノ木神社 日本橋七福神の布袋さん

  4. 水天宮(東京水天宮)のパワースポット

  5. 松島神社 日本橋七福神の大黒さまを祀るパワースポット

  6. 末廣神社 元吉原総鎮守