新宿御苑のパワースポット

新宿御苑は全体がパワースポット。

新宿御苑はもともと、江戸時代にあった信州藩の信濃高遠藩内藤家の下屋敷。

それが明治になってから皇族のための庭園として整備されました。

そして第二次世界大戦の後、国民のための公園として開放されるようになったのです。

新宿御苑には、日本庭園、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園という3つの特徴ある庭園があります。

山手線内は陰陽マーク

ぐるっと一周する山手線と、その中を通る中央線・総武線は2つの勾玉が合わさったような陰陽太極図の形になっています。

中央線から上が陰、下が陽。

これは東京を風水的に護るために作られていると言われています。

さらには、

中央線は高尾山の気を
総武線は成田山の気を
つくばエクスプレスは筑波山の気を

それぞれ都心に運ぶ作りになっているのです。

そして、

陽の中の陰の場所が皇居周辺。陰の中の陽が新宿あるのです。

その中でも新宿御苑は自然の気に満ちているのが、新宿御苑がパワースポットといわれる所以です。

新宿御苑の効果

気持ちを切り替えたいときに訪れると良く、

日本庭園では思考力がアップ。
フランス式庭園では華やかさがアップ。
イギリス風景式庭園では親和力がアップすると言われています。

アクセス・地図

所在地

東京都新宿区内藤町11

時間

9時~18時

最寄り駅

新宿御苑駅から徒歩で5分

駐車場

あり(有料)

HP

http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/guide.html

 

関連記事

  1. 花園神社(新宿)

  2. 十二社熊野神社のパワースポット

  3. 宝禄稲荷神社のパワースポット

  4. 陽運寺のパワースポット

  5. 赤城神社(神楽坂)のパワースポット

  6. 穴八幡宮のパワースポット