江戸三富

富くじって引いたことありますか?

初詣やお祭りの時期なんかに、当たり付きのおみくじがあったりします。
1等がでたら1万円・・・とか。

その富くじって、もともとは今で言う宝くじの起源みたいなものだったんですって。

寺社仏閣の修繕たのための資金集めを目的に、今の宝くじと同じような形で富くじというのがあったんです。

江戸時代には庶民にも出し人気で、富くじが盛んだったそうですよ。
その中でも特に盛んだったのが、江戸三富。

  • 谷中感応寺
  • 湯島天神
  • 目黒不動龍泉寺

の3寺社で行われた富くじです。

それぞれの寺社では、宝くじにまつわる縁起物も授与してもらえるので、宝くじを買うときには参拝するといいかもしれませんね。

谷中感応寺

今では護国山天王寺というお寺に名前が変わっています。
谷中七福神の一つの毘沙門天も祀られています。

所在地
台東区谷中7-14-8
HP http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/tennoji/

湯島天神

湯島天神 学業の神様

目黒不動龍泉寺

通称、目黒不動尊は正式には泰叡山護國院 瀧泉寺というお寺です。

所在地 東京都目黒区下目黒3丁目20番地26号
HP http://park6.wakwak.com/~megurofudou/